Archive for 1月, 2016

赤ちゃんのためにも日本の定番「和食」を作ろう

Posted on 1月 28, 2016 with 赤ちゃんのためにも日本の定番「和食」を作ろう はコメントを受け付けていません。

大人になってもお袋の味が忘れられず、未だに実家に帰るたび義母の食事を食べている旦那さんを持つお母さんは多いものです。
「私の食事に何の不満があるの?」と思ったら、将来自分の子供もこうなるのかなと想像してみてはいかがでしょうか。

加工食品ばかりに頼らない

最近はスーパーに行けば何でもそろっています。
そのなかでも加工食品は、世界各国に較べおいしさや安全性の中ではダントツといえるのでは無いでしょうか。
それだけに子供に食べさせる食事も、加工食品に頼りがちという方は多いかと思います。
でも、子供が将来お袋の味だからと言って毎日スーパーで同じ加工食品を買い続ける姿を想像するといささか寂しいものです。

痩せるためにも和食を作ろう

子供はお母さんと一緒の食事を食べたがります。
楽しい食事を過ごすために「和食」を作ってみてはいかがでしょうか。
和食のダイエット効果は昔から知られており、工夫次第で健康にも役立ちます。

塩をきかせすぎないこと

和食は「塩をきかせすぎない」という注意さえ払えば、非常に健康的で味覚豊かな食事になります。
いかんせん塩をきかせた食材が多いため、素材の味を殺してしまうこともあります。
だしを取るとか、素材の味を生かすという基本的要素を守りましょう。

離乳食からでも始められる

ちゃんとだしを取って作った食事は離乳食からでも始められます。
「俺の母親は痩せていて、なおかつ飯がうまいんだ」と将来の子供が自慢げに友達に語る姿を想像しながらご飯を作ってみてはいかがですか。

子育て中のママにも甘い贅沢を!

Posted on 1月 26, 2016 with 子育て中のママにも甘い贅沢を! はコメントを受け付けていません。

女性は概して甘いものが大好きです。
若い女性も、おばさま世代の女性もなんせ彼女らがいるところには必ずお菓子の影が見え隠れしていますね。
「産後ダイエットを成功させるために私も甘いものを我慢しなくちゃ」と思ってらっしゃる女性もいるのでは無いでしょうか。

息抜きの時間が無くなってしまう

しかし、そのためだけに甘いものを抜きにしてしまうとせっかくの息抜きの時間が無くなってしまいます。
子育ては一朝一夕に終わるようなものではありません。
長い期間で考えなくてはいけないものですから、お母さんが息抜きをする時間くらい必要です。

何を食べるかが重要

甘いものを食べるときには何を食べるかが重要です。
まさかチョコレートのたっぷりかかったポテトチップスを食べようと画策してらっしゃる方はいないかと思います。
産後ダイエット中に甘いものを食べるのであるならば「寒天」をいただきましょう。

腹持ちもよく便秘解消にもつながる

寒天を使った甘い食べ物はたくさんあります。
食物繊維の塊みたいなものですから、腹持ちが大変いいのが特徴です。
また、女性が気になる便秘解消にもつながるため健康面にもよい影響を及ぼしますね。

甘いものの誘惑を断ち切らない

子育て中のストレスは、子育てをする前には想像がつかないくらいのものと言うこともしばしばあります。
せっかく甘いものでストレスを解消できるというよい手段があるわけですから、甘いものの誘惑を断ち切ること無く上手に甘いものを摂取してみてはいかがでしょうか。

元気な子供はお外で育つ!

Posted on 1月 22, 2016 with 元気な子供はお外で育つ! はコメントを受け付けていません。

「都会の子供はもやしっ子」なんて言葉を耳にすることがあります。
いかんせん最近はマンション暮らしや、町中暮らしの子供も増えたことからあまり外に出ること無く家の中で過ごすと言うことも多くなっていますね。
しかし、お母さんがその気になれば子供を元気に外で遊ばせることだってできますよ。

遊びは公園だけでは無い

ついつい遊びと言いますと、公園で子供を遊ばせることが思いつきますが決してそれだけが遊びというわけではありません。
お母さんと一緒に、太陽の光や自然の空気を肌で感じに外へ出かけるだけでも十分遊びになるのです。

お母さんと一緒にとことこ

お子さんがいよいよ歩くことができるようになったとか、ベビーカーの中に入れてあげられるくらいになったならば一緒に散歩することを心がけましょう。
「子供がどっか行ってしまわないか心配」と思われるかもしれませんが、勝手にどこかへ行ってはいけないと言うことを教育することも重要なことですよ。

痩せながら子供の教育ができる

お母さんだって子供と一緒に歩くわけですから、おなか周りの気になるお肉を定期的に落としていくことができます。
また、子供と一緒に歩きながら町中にあるいろいろなことを教えてあげればそれだけでも十分な教育になりますよ。

お外で育てよう

家の中で刺激の少ない生活を送ってしまうと、どうしても子供は感受性に乏しくなってしまいます。
外に出て、様々な見たことの無い世界を見せてあげるときっと喜びますよ。

ストレスことダイエットの敵、子育てに完璧を求めない

Posted on 1月 20, 2016 with ストレスことダイエットの敵、子育てに完璧を求めない はコメントを受け付けていません。

近年「子育てに疲れた」というお母さんが、子供に対して痛々しいことをしてしまうという事件が相次いでいます。
何もお母さんたちは子供がかわいくないわけでは無く、完璧に育てようとしてしまうがあまり思い通りにならないいらいらを抱えているのです。

子供は思い通りにならない

当たり前のことですが子供は思い通りに育ちません。
わかりやすく言うと、何も書かれていないノートと同じ状態です。
誰も何も使ったことが無いわけですから、何色にも染まることができるわけです。
あなたのノートには様々な色がついていますが、子供は何もついていない。
あなた色に染め上げる必要性も無いのです。

悩みは必ず記録しておこう

そう考えたとき「どうしてこの子はこうしてくれないの」と思うこともあるかと思います。
そうした情報は子育て手帳にでも記録しておきましょう。
すると冷製煮物ごとを考えるきっかけになるのです。
書いたときはそう思わなくとも後々見直したときに役立つのです。

ストレスから解放されることが必要

産後太りがなかなか解消しないという方の中には、こうした子育ての悩みから痩せないという方もいらっしゃいます。
中にはお母さんだけでは解決できない、即ち専門家の助けが必要なことだってあります。
そんなとき、記録したことがあれば解決の糸口にもなるのです。

完璧主義者にならないこと

産後太りがなかなか解消しないという方は、子育てに完璧を追い求めストレスから食べ過ぎに至っているケースが見受けられます。
完璧主義では無い子育てを目指してみてはいかがですか。